ようこそ ゲスト さん

1 / 1 ページ (1~8件目 / 全8件)

本焼シリーズ
本職ならだれでも夢見る本焼包丁。堺包丁の極めでもあります。郷右馬允義弘なら、鋼系4タイプ不錆系1タイプからの選択が可能です。それぞれの包丁が醸し出す独特の味わいを末永くお楽しみいただけます。

郷右馬允義弘 墨流和包丁シリーズ
堺の和包丁の切れ味の秘密は、600年の伝統による火造りと卓越した研磨技術の結晶からくるものです。この堺の歴史と古代ペルシャの伝統的製法=ダマスカス法=を融合させた高級シリーズです。和鋼系で最硬の安来鋼青紙1号を採用した青1ダマスカスを使用し、切れ味と永続性、そして美しさを兼ね備えたシリーズとなっています。柄は一刀彫で有名な一位木が標準仕様となっています。

青鋼シリーズ
郷右馬允義弘の青鋼シリーズは切れ味の永続性において最高の真価を発揮します。このシリーズでは主鋼に2種類を用意致しました。
高高炭素付加により永切れ性能に加え非常に高い切削力を備えた最強の包丁を実現しました。刃欠けの少ない安定性と永切れ性能の両立が特徴です。

義弘 上作シリーズ
上作シリーズ~義弘~は主鋼に安来鋼白紙2号を採用。汎用品として荷揃い種類が最も多く、また出荷本数も多いシリーズです。水牛柄が標準仕様です。

鎚目ダマスカス HAAシリーズ
堺600年の伝統とペルシャの秘伝ダマスカス製法が融合した世界に通用する高級品です。刃体には、美しい文様の16層ダマスカス鋼に鎚目を施し、刃口は局所鍛造で仕上げました。主鋼には、不錆鋼としては、国内最強のV金10号を割り込んでいます。柄は水濡れに強いマホガニー積層合板柄を採用。高級感をさらにアップしました。

本黒打シリーズ
日本古来の伝統的製法の黒打ち鍛造で仕上げた包丁です。鋼を真ん中に、両側面に軟鉄を打ち据えた両刃型です。特にこのシリーズでは、鋼に安来鋼白2号を採用、柄には天然の紫檀木を配し、又黒打表面にヤスリ掛けを施した高級型となっています。スムースな手触りと素晴らしい切れ味により、使用者を十分満足させてくれます。尚、この包丁はサビが出ますが、サビは酸化鉄(Fe2O3)で身体には無害です。

鋼牛刀 HGBシリーズ
切れ味の持続する高炭素系鋼(規格SK-4)を日本・堺の伝統技法による焼き入れと研磨により丁寧に仕上げました。 これにより、素晴らしい研ぎやすさと刃先角度の持続性を両立させています。この包丁はサビが出ますが、サビは酸化鉄(Fe2O3)で身体には無害です。

1141-郷ギャランティード シェフナイフ シリーズ
1141系シリーズは、堺で製作される洋包丁として、本家ヨーロッパ製に比し、その焼き入れ硬度の硬さと手仕上げ研磨による薄口刃の2点で、その矜持を主張しています。特に刃口は3番幅に渡るまで、和包丁の特徴である片刃研ぎを付与、安定性のあるAUS8Aの主鋼と相まって海外でも定評を得ています。

インターネットで24時間お受けしております。

お支払方法 ・代引き(代引き手数料がかかります) ・郵便振替 ・カード決済
※当店では、下記のカードがご利用いただけます。
送料 配送・お届けについてをご覧ください。
お問い合わせ 〒590-0937 堺市堺区宿屋町西1-2-21
TEL:072-232-5265 FAX:072-228-3352
営業時間 9:00~17:00  休日 土曜日・日曜日・祝祭日